包茎手術や対応策

 

包茎に関するコンプレックスと対策について、考えてみました。

まず、亀頭が包皮のせいでまったく見えず、力任せにでも剥くことが叶わない状態のことを真性包茎といいます。日本では65%を超える人が包茎だということですが、真性包茎だという人は1%くらいです。

フォアダイスが発症する元凶は、男性器にある汗腺の内部に身体の脂が貯まるという、身体の一般的な営みだと言え、その機序はニキビと変わるものではないと言われています。

包茎治療に関しては、治療をするまでは考え込んでしまう人もいますが、治療自体はそんなに困難を伴うものでもありません。一方で治療をやらないと、これからも引き続き苦しい思いをし続けることになるでしょう。

クリニックの医師の中には、「包皮小帯には性感帯などあり得ない。」という方もいます。実際的に包皮小帯を切り取られてしまったという人でも、それまでとの感じ方の差はないと断言できると口にされることが多いとされています。

医学的立場から言うと、「包茎」というのは真性包茎だけを指すそうです。カントン包茎という言葉もたまに使われますが、これにつきましては、闇雲に剥いた結果、亀頭の根元が包皮で圧迫される状態になる症状です。陰茎の包皮を剥いて注視すると、竿と亀頭の裏側がか細い筋で繋がっていることがわかります。これを包皮小帯や陰茎小帯と称します。

包茎治療全ての中で、一番ポピュラーなのが、包皮の先を切り落としてから糸で縫い付ける方法です。勃起時のペニスの太さをチェックしてから、余っている包皮を切除するのです。今の段階では仮性包茎で間違いないと思える状態でも、この後カントン包茎、はたまた真性包茎に変わってしまうケースも少なくありません。