どんな包茎手術があるのかを知っておくこと

ずっと包茎で悩むよりは、思い切って包茎手術をした方が、悩みからも解放されるし、自分にも自信を持つことができるのは、よくわかっているんですけど、やはり、誰しも包茎手術に不安を持つものでもあるのです。

そもそも手術は、体にメスをいれるわけですから、それなりの痛みがありますよね。誰でも想像がつくと思います。

それが包茎手術となると自分のペニスの包皮を切るわけですから、なおさら不安があるわけです。

やはり、気になるのは包茎手術後のペニスの痛みだと思います。

ネットなどの口コミなどを見ると、手術中は麻酔してるから痛くないとかあるけど、本当なのかどうか不安になるようです。

で、実際には麻酔をうつときには痛みは伴います。
さらに、麻酔が切れた直後は、やはり傷みはあり、痛み止めを飲んでも痛いことは痛いのです。

やはり、皮膚を切ったり、縫ったりするわけですから、ある程度の痛みは伴います。

でも、最近は痛みをできるだけ感じさせないような麻酔があるようです。また、痛みは執刀医の技術やどんな術式かで、変わりますので、包茎手術のクリニック選びがポイントになります。

また、痛み以外で不安になる点としては、費用です。包茎手術にかかる費用はどれくらいするのかってことですが、保険が効かない場合は、数万円から数十万円はかかります。もちろん、包茎の状態によっても違います。カントン包茎や真性包茎とでも、違います。

ただし、日常生活に支障がある場合の真性包茎、カントン包茎の手術は、保険適用になる場合もあり、その場合は費用も安くなります。

ただし、保険適用可能な泌尿器系の医院は、術後の感度や手術跡がどうなるかってことに注意しておきたいです。

必要なのは、きちんと包茎手術の術式の内容や相談をすることです。無料カウンセリングであらかじめ質問して、解決しておかないといけません。

それにより、信頼できるできないかを判断できますからね。

ちなみに、主な包茎手術の方法ですが、環状切除術は、泌尿器系の病院でおこなわれるいちばん費用も安く、数が多い方法です。欠点は手術跡が目立ちやすい点です。

また、亀頭直下埋没法じゃ、いわゆる包茎専門のクリニックでおこなう方法で、傷跡が目立ちにくいメリットが有り、人気です。

他にも亀頭増大術は、切らないで包茎を改善できますが、感動が悪くなったり、元の状態に戻る可能性が高い欠点があります。

このように自分にあった術式をよく理解しておくことが大事です。