iiyu@025さんの記事一覧

どんな包茎手術があるのかを知っておくこと

未分類

ずっと包茎で悩むよりは、思い切って包茎手術をした方が、悩みからも解放されるし、自分にも自信を持つことができるのは、よくわかっているんですけど、やはり、誰しも包茎手術に不安を持つものでもあるのです。

そもそも手術は、体にメスをいれるわけですから、それなりの痛みがありますよね。誰でも想像がつくと思います。

それが包茎手術となると自分のペニスの包皮を切るわけですから、なおさら不安があるわけです。

やはり、気になるのは包茎手術後のペニスの痛みだと思います。

ネットなどの口コミなどを見ると、手術中は麻酔してるから痛くないとかあるけど、本当なのかどうか不安になるようです。

で、実際には麻酔をうつときには痛みは伴います。
さらに、麻酔が切れた直後は、やはり傷みはあり、痛み止めを飲んでも痛いことは痛いのです。

やはり、皮膚を切ったり、縫ったりするわけですから、ある程度の痛みは伴います。

でも、最近は痛みをできるだけ感じさせないような麻酔があるようです。また、痛みは執刀医の技術やどんな術式かで、変わりますので、包茎手術のクリニック選びがポイントになります。

また、痛み以外で不安になる点としては、費用です。包茎手術にかかる費用はどれくらいするのかってことですが、保険が効かない場合は、数万円から数十万円はかかります。もちろん、包茎の状態によっても違います。カントン包茎や真性包茎とでも、違います。

ただし、日常生活に支障がある場合の真性包茎、カントン包茎の手術は、保険適用になる場合もあり、その場合は費用も安くなります。

ただし、保険適用可能な泌尿器系の医院は、術後の感度や手術跡がどうなるかってことに注意しておきたいです。

必要なのは、きちんと包茎手術の術式の内容や相談をすることです。無料カウンセリングであらかじめ質問して、解決しておかないといけません。

それにより、信頼できるできないかを判断できますからね。

ちなみに、主な包茎手術の方法ですが、環状切除術は、泌尿器系の病院でおこなわれるいちばん費用も安く、数が多い方法です。欠点は手術跡が目立ちやすい点です。

また、亀頭直下埋没法じゃ、いわゆる包茎専門のクリニックでおこなう方法で、傷跡が目立ちにくいメリットが有り、人気です。

他にも亀頭増大術は、切らないで包茎を改善できますが、感動が悪くなったり、元の状態に戻る可能性が高い欠点があります。

このように自分にあった術式をよく理解しておくことが大事です。

包茎の悩みは深い

未分類

包茎の悩みは深いですよね。

仮性包茎でも症状が重くない方は、包茎矯正アイテム、はたまた絆創膏などを利用して、自力で克服することも可能ですが、症状が酷い場合は、そんなことをしても、大抵効果はないといえます。

フォアダイスは、美容外科に依頼して施術してもらうのが普通です。けれど、正式に性病とは違うことを確認するためにも、予め泌尿器科にて受診することが必要かと思います。

ペニスの包皮を剥いて注視すると、竿と亀頭の裏側が細い筋で結ばれているのがわかります。これを包皮小帯とか陰茎小帯と言います。

驚いてしまいますが、カントン包茎であるとか真性包茎の人の包茎治療を行なう時の包皮切除手術が、HIV感染阻止にも作用するという分析結果が開示されているらしいです。

保険が使える専門の病・医院で包茎治療に臨んでも、健康保険が適用されることはありません。仮性包茎は、厚生労働省が病気として受け入れていないせいだと言えます。見た限りでは仮性包茎だろうという状態でも、先々カントン包茎、はたまた真性包茎に変貌する場合も見受けられます。是非クリニックなどで確認してもらうといいでしょう。

早漏防止を目的として包皮小帯をとってしまう手術を行なうことがあるようです。これは、包皮小帯を取ってしまうと感度が鈍くなることから、早漏防止にも役立つからなのです。包皮口の内径が狭いと、円滑に包皮を剥くことは不可能だと思います。真性包茎だと、包皮口が特別狭いですから、亀頭が露出しにくいわけです。

今の時代、想像を越える男の人がカントン包茎で苦悩しているということが、いろいろな調査結果で公開されていますから、「なぜ俺ばっかり・・・・・」などと考え込むことなく、主体的に治療をしましょう。健康保険は適用されませんので、自由診療扱いとされるのです。治療代金は各病院が思い通りに決定できますので、同じ包茎治療だとしても、治療に要される費用には差が出ます。通常は包皮を被っている亀頭なので、突如露出すると、刺激に弱くて当たり前なのです。包茎治療を実行して露出状態にしておけば、早漏も抑制することができるのではないでしょうか?包茎治療は、治療を始めるまでは躊躇する人もいると思われますが、治療そのものはあっけないくらい簡単です。

しかしながら治療しないと、今まで同様ずっと苦しい思いをし続けることになるでしょう。どちらにすべきかは自分次第なのです。包茎手術については、手術し終えればそれから先何もする必要がないわけではないのです。手術した後の経過を見守ることも要されます。ということなので、できるだけ自宅からそれほど離れていない専門クリニックを選択した方がいいはずです。仮性包茎の程度がそれほど酷くなく、勃起した時点で亀頭がきちんと露出する場合でも、皮が引っ張られるというような感じがする時は、カントン包茎の可能性があります。

軽症の仮性包茎を除外すれば、切らない包茎治療と言われるのは効果がほぼないか、まったくないことが大概だそうです。ところが切る包茎治療と言うのは、包皮の余った部分をカットするので、治らないということがありません。

包茎手術や対応策

未分類

 

包茎に関するコンプレックスと対策について、考えてみました。

まず、亀頭が包皮のせいでまったく見えず、力任せにでも剥くことが叶わない状態のことを真性包茎といいます。日本では65%を超える人が包茎だということですが、真性包茎だという人は1%くらいです。

フォアダイスが発症する元凶は、男性器にある汗腺の内部に身体の脂が貯まるという、身体の一般的な営みだと言え、その機序はニキビと変わるものではないと言われています。

包茎治療に関しては、治療をするまでは考え込んでしまう人もいますが、治療自体はそんなに困難を伴うものでもありません。一方で治療をやらないと、これからも引き続き苦しい思いをし続けることになるでしょう。

クリニックの医師の中には、「包皮小帯には性感帯などあり得ない。」という方もいます。実際的に包皮小帯を切り取られてしまったという人でも、それまでとの感じ方の差はないと断言できると口にされることが多いとされています。

医学的立場から言うと、「包茎」というのは真性包茎だけを指すそうです。カントン包茎という言葉もたまに使われますが、これにつきましては、闇雲に剥いた結果、亀頭の根元が包皮で圧迫される状態になる症状です。陰茎の包皮を剥いて注視すると、竿と亀頭の裏側がか細い筋で繋がっていることがわかります。これを包皮小帯や陰茎小帯と称します。

包茎治療全ての中で、一番ポピュラーなのが、包皮の先を切り落としてから糸で縫い付ける方法です。勃起時のペニスの太さをチェックしてから、余っている包皮を切除するのです。今の段階では仮性包茎で間違いないと思える状態でも、この後カントン包茎、はたまた真性包茎に変わってしまうケースも少なくありません。

 

ページの先頭へ